保育園と看護師について

保育園と看護師について

保育園と看護師について

保育園で働く人は保育士ですが、近年の医療行政の中で

 

保育園にも看護師が配置されるケースが増えてきました。

 

保育園の看護師求人に応募し、

 

実際に就職した人たちの多くは戸惑いも多いと聞きます。

 

保育園と看護師はイメージが繋がりませんよね。

 

通常の保育園の仕事は看護師を必要とするケースが多くありません。

 

学校に保健室があるように、

 

保育園も医療の面からケアする人材が求められています。

 

しかし、保育園の経営者も看護師の意義をよくわかっていないのが現状です。

 

看護師のあなたが保育園の求人に応募しようと考えるのであれば、

 

どのような役割が求められているのかをしっかりと考えてみてください。

 

「保健だより」などの発行による啓蒙活動が一番わかりやすいです。

 

園児の年齢に応じた体調管理が看護師に求められているのです。

 

健康面から保育園の環境のチェックや日常的な気づきを保護者や職員たちに説明することです。

 

通常、保育士の補助程度です。

 

しかし、園児たちとの交わりも大切です。

 

園児たちから見れば看護師も保育士も区別できませんよね。

 

保育園の評判にもつながります。

 

看護師であることをあまり強調する必要はありません。

 

他のスタッフとの協調が大切だからです。

 

園の経営者も看護師の役割を明確にしているわけではありません。

 

 

保育園での看護師の役割はこれから重要になっていく時代になってきています。